わたしたち「地方の立場に立つ教会」を実行する者たちは、主なる神の「回復」のためにいます。「回復」の基本的な定義は、次の通りです。これは、わたしたちの証しを正確に理解するために必要です。 回復という語は、

  1. 失われていたあるものをもう一度獲得する
  2. あるものを正常な状態に戻す
  3. 損害または損失を被った後に正常な状態への復旧、または復帰する

ことを意味します。 神がある事柄を回復しておられるということは、教会歴史の過程で、それが失われ、誤用され、腐敗させられたということです。そして、それを神が当初の状態、状況へと回復しておられるということを意味します。教会は数世紀にもわたる歴史を通して堕落してしまったので、神の当初の意図に従って回復される必要があります。教会に関してわたしたちが見たビジョンは、現在の状態や伝統的慣行には支配されません。  神の当初の意図により、また神の御言葉の中に啓示されている不変の基準によって支配されています。わたしたちは、教会に関する新約聖書の啓示を単なる歴史上の事例とは考えません。現在の教会実行の規準と考えます。  神の回復は二十世紀に始まったのではありません。開始の正確な日付を決定することは困難ですが、カトリックの腐敗からの改革の時とすると妥当です。回復は改革の時から数回の段階を経て発展しました。ジンゼンドルフ(Zinzendorf)が指導して、ボヘミアで教会生活が部分的に回復されました。プリマス・ブラザレン(Plymouth Brethren)が、数多くの貴重な聖書真理を解明し、さらに内なる命の真正な経験へと進みました。今やキリストのからだの表現である真正な「地方の立場に立つ教会」の確立という段階に達しました。  今日、主は彼の回復の中で二つの事を行なっておられます。キリストのもろもろの豊富な経験すなわち、わたしたちの命としての、またわたしたちのすべてとしてのキリストの享受の回復と、教会生活の実行とを回復しておられます。実際的教会生活は、キリストのもろもろの豊富の享受から流れ出ます。主の回復の中にいるわたしたちは、キリストは計り知ることのできない豊富であり、わたしたちの享受のためのすべてを含む方であることを証しします。そして、神の純粋な言葉の啓示に従って教会生活を実行する負担を、主がわたしたちに負わせてくださったことを証しします。