使徒行伝2:42  そして、彼らは使徒たちの教えと交わりを堅く持ち続け、パンをさくことと祈りを堅く持ち続けた。

使徒たちの交わりは、「御父との、また御子イエスとの交わり」とも呼ばれています。この「交わり」のギリシャ語訳は、「共にあずかること」、「共同であずかること」を意味します。その意味で、わたしたちはキリストにあるすべての信徒を受け入れます。その人がどんな見解を持っていようとも、救われている信徒であれば喜んで交わり を持ちます。

ただ除かれねばならない罪を犯している者だけは受け入れるわけにはいきません。その一種類はコリント人への第一の手紙第5章に言っている幾種類かの大変汚れた、主の名を辱める罪を犯し続けている者です。もう一種類はヨハネ第二の手紙で言っているキリストの教えを踏み越えている異端者です。それはキリストは神ではない、肉体をとってこられたのではない、彼の死はわたしたちの罪を担ったのではない、彼はわたしたちを贖うことができない、彼は死んで復活しなかったと言っていることです。このような異端は今日で言う「新神学」(New Theology、Modernism)、反キリスト「不信派」の信仰です。これらは極めて邪悪な罪です。キリストの教えの中にとどまらない者は、神を持っていません。